飛び込むなら【ブルーオーシャン】へ

私が飛び込んだのは、ブルー過ぎるオーシャンでした。

「ブルーオーシャン」= 青い海? と思っていたのは、1年ほど前の私(笑)

ビジネス用語 :ブルーオーシャンとは…

経営学の用語で、競争のない未開拓市場のこと。新しい商品やサービスを開発・投入することで創出される競合相手のいない市場。対義語→レッドオーシャン

コトバンク デジタル大辞泉より

私が飛び込んだ、(一社)日本ナノドッツ協会は…
ブルー過ぎました(笑) なぜって…

私が、日本初!のインストラクターだったのです^^;

2018年12月に、ナノドッツインストラクターになった時、

え!?私だけ? お仲間はいないのですか? 
と思わず協会の本部講師に聞いちゃいました。

でも、その後インストラクターは増え、全国に13人となり、
各地でナノドッツの魅力を広める仲間が増えました〜!!!

そして、この夏、日本初開催のナノドッツアワードが、
協会本部のある広島で行われ、
各地のインストラクター親子が集合! 

受講生などもご参加いただき、大変盛りあがり、
これから日本中にナノドッツが広がっていくであろうと、ワクワクしました。

そんなブルーオーシャン過ぎるナノドッツですが
世界30ヶ国で愛されているものの、日本ではまだまだ知名度がない!

ブルー過ぎて、新しい事をはじめると、怪しい… とか
何それ… ふ〜ん… みたいな

海外の方は、面白そう! でどんどんナノドッツも売れるそうなんですが…

日本の場合、使い方、遊び方がわからないと、手を出さない…(泣)

そんな風習があり、約5年前、東急ハンズ等で販売していた時期があったものの
その後、売れ行きが伸びず…

このまま日本からナノドッツが消えてしまうのか…という時

まずは、この魅力、遊び方を伝えられるインストラクターを育てよう!という
ことになり、ナノドッツ協会ができました。

協会代表は、ナノドッツが大好き。
そんな周りに集まる、本部スタッフも、全国のインストラクター家族も
み〜んなナノドッツが大好き。

だから、ナノドッツアワードで初めてお会いしても、
子供も一瞬で仲良くなり、楽しい広島での時間を過ごすことができました。

ナノドッツ協会はみんな家族のような温かい繋がりがあります。
まだまだ、インストラクターが少ないので、
大所帯のレッドオーシャンな協会とは違い、受講生の取り合いもなく、
みんなで意見を出し合い、協会を盛り上げている段階です。

協会も、インストラクターのためを思った仕組みを沢山考えてくださっています。

ぜひ、お仲間になりませんか?
ブルーな海に飛びこんでみませんか?

10月からは消費税が10%となってしまい、受講費等も上がってしまいます。

決断するなら… 今でしょ!

トップ画像のブルーオーシャンには、
アワードの際に作った、平和への祈りを込めた「鶴」と「ヒトデ」を重ねてみました。

この鶴に関する投稿はこちらの記事をご覧ください♪

ナノドッツインストラクターとなり、
地元山梨はもちろん、東京、静岡と体験会や講座を開催してきましたが…

この秋!北陸地域の方からリクエストいただきまして、
ナノドッツが北陸地域に初上陸! 北陸地域にも広げていきたいと思います。

北陸初のナノドッツインストラクター誕生を期待して…

私の予定しているイベント一覧は、こちらのリザストページをご覧ください。

関連記事

  1. ナノドッツ作品コンテストの結果!

  2. 初体験から6ヶ月…

  3. ナノドッツin金沢〜球体磁石【nanodots】北陸地域初上…

  4. ∞誕生記念日∞

  5. 夢は、東大LEGO部か、nanodots部か…

  6. 隙間時間に「インストラクター」という働き方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。